一般社団法人 愛生会は愛生会山科病院、介護老人保健施設おおやけの里をはじめとする8施設を有する京都市山科区にある法人です

一般社団法人 愛生会 愛生会山科病院

  • HOME
  • ご来院されるにあたって
  • Q&A
愛生会山科病院

内科

院長 加藤 隆弘 (内科)
特別顧問 谷脇 雅史 (内科・血液)
院長補佐 南 祐仁 (内科・消化器・肝臓)
副院長 兼子 裕人 (内科・血液)
内科部長 小杉 義和 (内科・循環器)
循環器内科部長 中原 祥文(内科・循環器)
血液内科部長 志村 和穂 (内科・血液)
消化器内科部長 大西 直樹 (内科・消化器・肝臓)
内視鏡科部長 西村 敏 (内科・消化器・内視鏡)
糖尿病内科部長 神内 謙至 (内科・糖尿病)
臨床検査部部長 松本 洋典 (内科・血液)
内科医長 立花 俊治 (内科・消化器・内視鏡)
内科医長 新美 敏久 (内科・消化器・肝臓)

内科

 内科の診療は消化器、肝臓、血液、循環器、神経、心療内科と多岐にわたっており、それぞれ最新の内科療法を幅広く行っています。
 また、最新の医学知識や医療技術に遅れをとらず、積極的に吸収するとともに、病診連携を密にして患者様主体の診療に努めています。

消化器内科

 当科では、昭和38年に国産化初の胃ファイバースコープを導入するなど、従来から消化器内視鏡診療には力を入れてきました。
 昭和63年に電子内視鏡を、平成6年には超音波内視鏡も導入し、経鼻的に挿入可能な極細内視鏡、拡大内視鏡など内視鏡検査に十分な設備とスタッフを備え、日本消化器内視鏡学会指導施設にも認定されています。

 胃・大腸がんの早期発見をモットーとし、内視鏡的切除(EMR, ESD)による根治例も増加しています。
 その他に、胃・十二指腸潰瘍などからの出血に対する内視鏡的止血術、食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法・静脈瘤結紮術、胃・大腸ポリープに対する内視鏡的切除術、術後吻合部狭窄などの消化管良性狭窄に対するバルーン拡張術、消化管悪性狭窄に対するステント留置術、閉塞性黄疸・総胆管結石などに対する内視鏡的胆管ドレナージ術・胆管ステント留置術・内視鏡的乳頭切開術、内視鏡的胃瘻造設術など、積極的に各種の内視鏡的治療を行っています。

肝臓内科

 当科はウイルス性肝炎、肝硬変、肝癌、脂肪性肝疾患など各種肝臓病の診断、治療を精力的に行っています。
 B型慢性肝炎、肝硬変は各種病態に合わせてインターフェロン製剤、核酸アナログ製剤を適切に使用して病状改善に取り組んでいます。
 また、C型慢性肝炎に対してはインターフェロンフリー治療を中心に抗ウイルス治療を行っており、副作用はほとんど認めず、非常に良好な治療効果を得ています。抗ウイルス治療の適応にない病態に対しては、病態の進行を抑え、また肝癌の発癌抑制のために肝庇護療法を行っています。
 また、各種画像検査(腹部ダイナミックCT、MRI、超音波検査)を施行しており、肝癌の早期発見、治療に力を注いでいます。肝癌に対しては肝動脈化学塞栓療法、局所療法(エタノール局注術、ラジオ波焼灼療法)、分子標的治療、手術などを病状に合わせて適切に選択し、高い治療成績を挙げています。また、大学附属病院と連携して、臨床研究や治験に参加し、先進的な医療も提供しています。(表参照)

肝細胞癌治療成績

血液内科

 日本血液学会認定施設である当院では白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍の他、肺癌や肉腫などの固形腫瘍に対する化学療法に精力的に取り組んでおり、年間約200コースの化学療法を無菌室完備の病棟で施行しています。

 特に造血器腫瘍においては自己末梢血幹細胞移植を用いて大量化学療法を安全に行うことで、病状の進行した方でも60%を超える5年生存率を達成しています。
 さらに最近では特定の型の白血病や悪性リンパ腫に対して、癌細胞のみを攻撃する分子標的薬剤を従来の化学療法に併用することで「最大限の治療効果と最少限の副作用」を実現し、治癒率の向上を目指しています。
 かつての「不治の病」から生還される方が確実に増えておられることを実感できる領域です。

 また再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病といった厚生労働省指定の難病の治療も積極的に行っております。
 その他「他の病院で癌と診断されたが治療法の選択肢を知りたい」、「呈示されている治療の具体的な内容や副作用を知りたい」などいわゆるセカンドオピニオンを希望される場合も御相談ください。
 主治医の紹介状をお持ち頂ければより的確なお話ができるかと思われます。

循環器内科

 当科では狭心症,心筋梗塞などの虚血性心疾患,心不全の治療に力を入れております。胸痛、胸部不快感や動悸、息切れ、ふらつきなどの症状の中には狭心症、心筋梗塞、心不全、徐脈性不整脈など危険な心疾患が隠れているかもしれません。

 当科では詳細な問診、診察のうえ、必要ならば心臓超音波検査(心エコー検査)、トレッドミル負荷心電図検査、ホルター心電図検査(24時間心電図)等を行っております。その上で虚血性心疾患が疑われた場合は心臓カテーテル検査を施行し、必要に応じて経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を積極的に行っております。

 また、徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療とその管理にも力を入れており、ペースメーカー植え込み術も積極的に行っております。

神経内科

 高齢化の時代を迎え、神経内科に関わる病気は次第に増えてきています。
 具体的な症状としては、頭痛、頭や手足の力が入りにくい・動きにくい・勝手に動くなどの運動の問題、歩きにくい・転倒しやすいなどの歩行の問題、手足が しびれる・感覚が鈍いなど感覚の問題、めまい・ふらつきの平衡感覚の問題、物忘れをする・ぼけたなどの知的機能の問題などを扱っています。
 これらの症状の原因がどこにあるかをMRI・CTなどの画像検査や電気生理検査を使いながら総合的に診断し、治療します。

 病気としては脳血管障害、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患、脳炎や髄膜炎などの炎症性疾患、てんかん、末梢神経・筋疾患などを扱っています。

  • 一般社団法人 愛生会
  • 入院についてのご案内
  • 医療連携
  • お見舞いメール
  • 教室案内
  • 刊行物
  • 看護訪問ステーション
  • 在宅介護支援センター愛生会山科病院
  • 京都市山階地域 包括支援センター
  • 京都市山科区 地域介護予防推進センター
介護老人保健施設おおやけの里 携帯電話サイトのご案内 職員募集
  • 理念・基本方針
  • 理念・基本方針
  • 患者さまの権利、義務
  • 個人情報保護方針
  • プライバシーポリシー
  • お問合せ

一般社団法人愛生会山科病院
〒607-8086 京都市山科区竹鼻四丁野町19番地の4
TEL 075-594-2323 FAX 075-593-3179