放射線科 | 愛生会山科病院

一般社団法人 愛生会は愛生会山科病院、介護老人保健施設おおやけの里をはじめとする8施設を所有する京都市山科区にある法人です

愛生会山科病院

放射線科 – 愛生会山科病院

放射線科

放射線科部長 鈴木 孝信

放射線科

 2014年に80列マルチスライスCTを導入し、より早く詳細な画像を提供できるようになりました。1.5テスラのMRI装置は主に頭部と整形外科領域の検査を行っています。
 予約検査以外に緊急検査も随時行い、来院当日に検査と結果説明ができる体制を整えています。
 マルチスライスCTを使った負担が少ない心臓の血管検査(冠動脈CT)が可能となり、積極的に行っています。
 乳房撮影は女性技師が担当するようにしています。
 血管造影装置にはCTが備わっており、正確で安全な治療ができるようになっています。
 心臓カテーテル検査、CTを使った生検、骨粗鬆症の早期診断、脳ドックなども行っています。画像データーは院内各部署端末ですぐに閲覧できるようになっています。

装置紹介

IVR-Angio/CT.MRI装置
FCR(デジタルX線画像診断システム)・心臓カテーテル装置・乳房撮影装置・X線透視装置・手術室専用X線透視・骨塩定量装置・泌尿器科専用X線透視装置・一般撮影装置などがあります。