院長挨拶 | 愛生会山科病院

一般社団法人 愛生会は愛生会山科病院、介護老人保健施設おおやけの里をはじめとする8施設を所有する京都市山科区にある法人です

愛生会山科病院

院長挨拶 – 愛生会山科病院

院長挨拶

    愛生会山科病院
    院長 加藤隆弘

一般社団法人愛生会山科病院は昭和31年(1956年)に開設以来、山科地域の中核病院として、質の高い安全・安心な医療を提供し、また救急医療にも積極的に取り組み、地域住民の方々の健康の保持、福祉の向上に貢献してまいりました。

 医療は技術革新が進む中、少子超高齢化という社会構造の変化期を向かえ、患者様の医療に対するニーズも大きく変貌し、医療は高度化、多様化してきております。より質の高い、安全・安心な医療を実践するとともに、患者様のご希望や立場を理解した患者様中心の医療を実践することが求められています。

 当院の医師は医学の各分野において専門医資格・指導医資格を有する優秀な医師の集団であり、当院は多くの指導施設や教育施設に認定されています。さらに、医師、看護師、コメディカルは現状に満足することなく、日進月歩で進化する医療に対応できるよう常に医療技術の習得に努めております。

 医療は患者様・ご家族様とその提供者である私どもとの信頼関係でなりたつものであります。患者様やご家族様の病気を治したい、健康になりたいという強い意欲と一日でも早く快癒していただきたいと願う私どもの心が深く通じあって、はじめて病気が治るものであります。このためにも的確な医療技術の提供とともに、医療人としての使命感と責任感を持ち、患者様やご家族様には病状・診療方針については十分納得していただけるまで真摯にご説明を行うように努めております。

 地域医師会の先生方ともさらに連携を蜜にし、地域と密着した地域完結型病院を目指し、急性期医療、回復期医療を中心とした安全・安心な医療を皆様方に提供できるよう、職員一同精進してまいります。

 今後とも皆様方のご支援、ご協力をお願い申し上げます。