看護師紹介 | 愛生会山科病院

一般社団法人 愛生会は愛生会山科病院、介護老人保健施設おおやけの里をはじめとする8施設を所有する京都市山科区にある法人です

看護部紹介

看護師紹介 – 愛生会山科病院

看護師紹介

松川 香織

がん性疼痛認定看護師
看護師長  松川 香織

 がん患者さまの体験する痛みは身体のつらさだけではなく、こころや社会生活まで大きな影響を及ぼします。2012年7月、がん性疼痛看護認定看護師の資格を取得しました。がん性疼痛看護認定看護師はがんによって生じる痛みを緩和するための専門的な知識と技術を持ち、患者さまとご家族のQOL(生活の質)の向上を支援します。現在病棟に勤務し、日々がん患者さまやご家族の方と関わっていますが、がん治療に万全な体制で臨めるように治療期からしっかりと痛みをコントロールすることの大切さを実感しています。一人でも多くの患者さまが痛みから解放され、その人らしい生活を送ることができるように、関わっていきたいと考えています。


武田 絵里子

緩和ケア認定看護師
外来看護師長  武田 絵里子

 入職後、外科病棟に配属、その後内科病棟での経験を積み、緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。看護師を目指すきっかけとなった分野でもあり、専門知識を深めたいと思い学ぶ機会を与えていただきました。病によって苦しみ悩む患者さまに寄り添い、その人らしい生活や、苦痛症状の緩和につながることを目標に、日々、医療チームの一員として関っています。限りある生命と向き合い、チームで苦悩することもありますが、唯一無二の存在である患者家族が、心穏やかに過ごせるように実践と啓蒙活動に努めたいと思います。共に成長できる仲間となって一緒に頑張りましょう。