病院指標 | 愛生会山科病院

一般社団法人 愛生会は愛生会山科病院、介護老人保健施設おおやけの里をはじめとする8施設を所有する京都市山科区にある法人です

更新情報

病院指標 – 愛生会山科病院

病院指標










平成29年度 愛生会山科病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 16 50 76 111 131 521 915 762 149

当院の病棟編成は一般病棟、地域包括ケア病棟、障害者病棟から成っており、地域のニーズに応じた急性期、回復期、慢性期の入院医療を提供しています。地域の高齢化にあわせて当院患者の年齢構成としては70歳代が最も多く33.4%を占めています。70歳以上計で66.6%、60歳以上計で85.6%の構成となっています。高齢化に伴う疾病構造から診療科毎の退院患者数は内科、眼科、整形外科が上位を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 100 19.42 16.48 0 66.79
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 79 29.49 20.83 2.53 84.62
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 70 4.13 4.62 0 75.7
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 4.13 3.03 0 72.87
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 32.79 17.71 2.94 84.09

血液内科が取り扱う非ホジキンリンパ腫に対しては化学療法、また再発症例等には自家末梢血幹細胞移植との併用療法を行っています。常勤専門医を5名擁し、非常に良好な治療成績を収めています。誤嚥性肺炎は高齢者に多く発症し、早期退院が困難な疾患ですが完全治療、ADLの回復をはかっています。循環器内科では狭心症や心筋梗塞等の虚血性心疾患に対し、カテーテルを用いた治療・検査を数多く施行し、早期社会復帰や的確な診断を達成しています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 41 32.68 21.7 0 72.39
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 38 59.45 27.09 0 84.47
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 34 54.29 25.09 0 74.76
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 26 54.27 19.94 0 83.27
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 23 25.35 17.28 0 74.74

整形外科では高齢化とそれに伴う骨粗鬆症の影響から、関節の変形性疾患や骨折、脊柱管狭窄や椎体骨折等の脊椎の病変が多くを占め、手術症例も多くを数えます。患者さんの病態や生活背景にあわせて、急性期一般病棟、地域包括ケア病棟等、適正な病棟で手術治療やリハビリテーションを提供し、また介護サービス事業者との連携により退院支援の充実に努めています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 7.4
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 11.99
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 6.37
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15.61
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 6.64

外科の入院医療では、表記の疾患以外にもDPC対象外であった手術の適応となる鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤を多く取り扱っています。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 16 6.63 7.31 0 75.38
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 10.64
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 8.94
11001xxx99x2xx 腎腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 18.66
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 9.73

 泌尿器科が取り扱う入院医療では膀胱の腫瘍が大半を占めています。前立腺肥大、その他泌尿器悪性腫瘍が続き、患者さんの平均年齢は高く、高齢化社会において今後もますますの需要が見込まれます。


眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 10 2 3.29 0 64.5
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 3.32
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 4.91
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 5.6
050070xx99100x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 9.18

眼形成の専門医による眼瞼下垂の取り扱いが最多実績でありました。白内障手術はDPC対象外であったため表記されていませんが、実際は白内障が最多の取扱い疾患となっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 14 15 26 1 7
大腸癌 14 17 11 1 7
乳癌 10 1 7
肺癌 15 1 7
肝癌 10 13 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌ではStageⅠやStageⅣ、大腸癌ではStageⅠ、乳癌ではStageⅡが多く、また胃・大腸・肝癌では再発癌が多いという内訳になっています。検査入院では入院中の病期分類ができないため、病気不明となります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 9.3 50.8
中等症 62 15.34 78.19
重症
超重症
不明

重症度はA-DROPスコア(年齢・脱水・呼吸・意識障害・血圧の5項目)を用いて評価します。当院では中等症が大半を占めますが、平成28年度に比べ重症の取り扱いが減少しています。A-DROP評価項目のとおり、年齢と重症度は相関しており、在院日数の長期化にも影響しています。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 13 51.08 81.38 0
その他

当院は脳神経外科を持たず、また神経内科の常勤医師が在籍していないため多くの入院症例はありません。専門医により治療を要する場合は適切な転院処置がとれるよう、地域の医療機関との連携に努めています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 410 0.03 0.91 0 76.23
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの)
K204 涙嚢鼻腔吻合術
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む。)

眼科の手術症例においては、白内障に対する水晶体再建術が圧倒的多数を占めています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 51 1.75 51.49 0 73.08
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(前方後方同時固定) 49 3.12 29.8 0 71.53
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 36 2.03 47.22 0 79.75
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 28 2.32 30.32 0 61.68
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 27 2.19 24 0 73.04

膝・股関節の変形性関節症に対する人工関節置換術、脊椎の手術、大腿骨近位を中心とした骨折手術の順に、多くの手術を取り扱っています。いずれも平均年齢が高い疾患であり、在宅復帰に向けた積極的なリハビリテーションを経ての退院支援を行っております。


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 132 0.47 2.11 0 69.61
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 71 2.42 1.96 0 75.77
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 28 4.25 12.96 0 75.68
K654 内視鏡的消化管止血術 13 2.31 10.85 0 75.23
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 13 2.69 2.31 0 75.85

大腸の内視鏡的ポリープ・粘膜切除術はDPC対象外であったため、内科の診断群分類別患者数に表記されていませんが、当院の内科手術では最多症例となっています。消化器内科ではさらに胆管閉塞や胆汁うっ滞、また消化管出血に対する内視鏡治療が著増しています。経皮的冠動脈ステント留置術は狭心症や心筋梗塞に対し、カテーテルを用いて冠動脈の狭窄や閉塞を治療する治療法で、件数は増加傾向にあります。消化器内科・循環器内科領域でこれら内視鏡やカテーテルによる低侵襲な治療方法により、良好な成績を収め短い在院日数での社会復帰を可能としています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33 1.21 2.09 0 64
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 16 0.69 2.5 0 73.69
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 1.13 4.69 0 65.69
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 11 0 0 0 66.09
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの))

鼠径ヘルニア・下肢静脈瘤に対する手術は、いずれもDPC対象外であったため、外科の診断群分類別患者数等に表記されていませんが、短期の入院で治療成績の高い当院外科の代表的な手術症例です。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 16 0.94 4.69 0 75.38
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの)
K821 尿道狭窄内視鏡手術
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術
K833 精巣悪性腫瘍手術

泌尿器科が取り扱う入院医療では膀胱の腫瘍が大半を占めています。前立腺肥大、その他泌尿器悪性腫瘍が続き、患者さんの平均年齢は高く、高齢化社会において今後もますますの需要が見込まれます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

当院は、手術や処置等を行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明し、了解を得た上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。

更新履歴


2018/9/28

平成29年度病院指標を公表しました。